wolfgang michel: publications

english || japanese

*Pdf-files kept by the Kyushu University Institutional Repository (QIR) are made from the printed publication and stored with permanent handles.

 学術論文

 (92)  Wolfgang Michel-Zaitsu: Wechselwirkungen - Zum Traité inédit de l'acupuncture et du Moxa chez les Japonais“ in J. B. Sarlandières Mémoires sur l'Électro-Puncture“ (1825)   In: Deutsche Zeitschrift für Akupunktur.
Vol. 58 (4), 2015, pp. 14-18 (Part 1, doi:10.1016/S0415-6412(15)30065-5);
Vol. 59 (3), 2016, pp. 11-14 (Part 2 );
Vol. 59 (4), 2016, pp. 5-9 (Part 3 );
*

 (91)  Wolfgang Michel: On the Emancipation of Japanese "Materia Medica Studies" (honzôgaku) in Early Modern Japan (日本独自の本草学の誕生について). 5th International Symposium on the History of Indigenous Knowledge (ISHIK 2015). 深圳市(中国)、2015年11月10日. 
Tao Zhang, Yi Li, Masatoshi Nakamura, Koichiro Ohgushi (ed.): Proceedings of the 5th International Symposium on the History of Indigenous Knowledge (ISHIK 2015), 8-12 Nov. 2015, Shenzhen (China), pp. 93−106 ( ISBN 978-4-9906649-3-0  DOI: 10.13140/RG.2.1.2236.3605)
*(Kyushu University Institutional Repository)

 (90)  Wolfgang Michel: Fazetten der japanischen Akupunktur im frühen euro-japanischen Kulturaustausch [Facets of Japanese acupuncture in early European-Japanese cultural interaction]. In: Deutsche Zeitschrift für Akupunktur. Vol. 58 (2), 2015, pp. 10-13 (Part 1); Vol. 58 (3), 2015, pp. 07-10 (Part 2)

 (89)  Wolfgang Michel: The True Shape of Bones - On the Dawn of Human Dissection in Early Modern Japan [骨の真形 ー 近世日本における人体解剖の黎明期について]. In: Bulletin of the 4th International Symposium on the History of Indigenous Knowledge (ISHIK 2014), Saga, Oct 2014, pp. 37-44. [ ISBN 978-4-9906649-2-3; DOI: 10.13140/2.1.4471.8085]
*(Kyushu University Institutional Repository)  ||  Chinese Outline

 (88)  ミヒェル・ヴォルフガング 「越境と知的好奇心 ー 近代医学へ至る道」【英文】
 ||  スペイン語訳 (EUSKADIASIA)

 (87)   Wolfgang Michel: Tradition and Innovation — Medical Instruments in Edo and Meiji Japan (伝統と革新 ー 江戸・明治期の日本における医科器械).
In: Proceedings of the 2nd International Symposium on the History of Indigenous Knowledge (ISHIK 2012), Saga, 2012, pp. 61-67. ISBN987-4-9906649-0-9
*Saga University Institutional Repository  || 

 (86)  ヴォルフガング・ミヒェル「マテエウス・プアマンの著作に見られる灸術」IGTJM JOURNAL、第1号 (2011年10月)、38〜55頁。 [招待論文、ドイツ語]

 (85)  ヴォルフガング・ミヒェル「16〜18世紀のヨーロッパへ伝わった日本の鍼灸」『全日本鍼灸学会雑誌』第61巻第2号(2011年)、42〜55頁(150-160) 。 【招待論文】
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨(英文)  || 
*English Version: JAM - Japanese Acupuncture and Moxibustion, 2011: I: pp. 1-11

 (84)  ヴォルフガング・ミヒェル「初期紅毛流外科と儒医向井元升について」。『日本医史学雑誌』第56巻第3号(2010年9月)367〜385頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨

 (83)  Wolfgang Michel: Medizin, Heilmittel und Pflanzenkunde im euro-japanischen Kulturaustausch des 17. Jahrhunderts. HORIN - Vergleichende Studien zur japanischen Kultur. No. 16, 2009, pp. 19-34. ISBN 978-3-86205-140-3 【招待論文】
*Kyushu University Institutional Repository  ||  出版社の案内

 (82)   Wolfgang Michel: Johann Caspar Scheuchzer (1702-1729) und die Herausgabe der History of Japan. In: Asiatische Studien/Études Asiatiques, Vol. LXIV, 1/2010, pp. 101-137.
*Kyushu University Institutional Repository  ||  Summary (English)  || 
*Zuerich Open Repository and Archive

 (81)  ミヒェル・ヴォルフガング「吉雄元吉 ー 忘れられた蘭学者の生涯と著作について」
『言語文化論究』第23号(2008年3月)、89〜109頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨(英文)

 (80)  ヴォルフガング・ミヒェル「『哺乳動物心臓の刺激伝導系』のドイツ語原稿とその背景について」『田原通信』第3号特別号、2007年12月、45〜49頁。 【招待論文】
*Kyushu University Institutional Repository

 (79)  ミヒェル・ヴォルフガング「シーボルト記念館所蔵の「阿蘭陀草花鏡図」とその背景について」『鳴滝紀要』、第17号、2007年3月、9〜38頁。 【招待論文】
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨(英文)  ||  要旨

 (78)  ミヒェル・ヴォルフガング「中津藩医大江春塘について」『中津市歴史民俗資料館 分館 医家史料館叢書』第6号、2007年3月、55〜73頁。
*Kyushu University Institutional Repository

 (77)  ミヒェル・ヴォルフガング「江戸・明治期の信州における医療器械について」。『信州モノづくり博覧会 ー モノづくりの東西交流』図録、長野市立博物館、2006年1月、55〜63頁。 【招待論文】
*Kyushu University Institutional Repository

 (76)  Wolfgang Michel: Western Medicine and Pharmaceutics in 17th Century Japan. Proceedings of the Tenth International Conference on the History of Science in East Asia. Shanghai Jiao Tong University Press, 2005, pp. 173-181.
*Kyushu University Institutional Repository

 (75)  ヴォルフガング・ミヒェル 「薬剤師ゴットフリード・ヘックによる長崎郊外の薬草調査について」『言語文化論究』21号(2006年)、1〜20頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨(ドイツ語)

 (74)  ヴォルフガング・ミヒェル 「万物の魅力 ー 信州飯田の市岡家コレクションとその位置づけについて」 『生物学史研究』第75号(2005年)、3〜10頁。
*Kyushu University Institutional Repository

 (73)  Wolfgang Michel: Far Eastern Medicine in Seventeenth and Early Eighteenth Century Germany. 『言語文化論究』 20号(2004年)、67〜82頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨(英文)  ||  要旨

 (72)  Wolfgang Michel, Elke Werger-Klein: Drop by Drop — The Introduction of Western Distillation Techniques into Seventeenth-Century Japan『日本医史学雑誌』第50巻第4号(2004年)、463〜492頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨

 (71)  ミヒェル・ヴォルフガング 「江戸初期の光学製品輸入について」『洋学』第12巻(2003年)、119〜164頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨(英文)

 (70)  ミヒェル・ヴォルフガング「新旧西洋外科術が混在する地方蘭学者の史料 村上玄水写の「カスハル書口訣」を中心に」 『村上玄水資料(II)』(中津市歴史民俗資料館 分館村上医家史料料館資料叢書、中津市、2004年、71〜97頁。
*Kyushu University Institutional Repository

 (69)  Wolfgang Michel: Zu den im 17. Jahrhundert durch die Dejima-Chirurgen ausgestellten Ausbildungszeugnissen [17世紀の出島蘭館医が交付した阿蘭陀外科免許状について]. 『言語文化論究』第19号 (2004年)、137〜155頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨

 (68)  ミヒェル・ヴォルフガング、杉立義一 「太田黒玄淡の阿蘭陀外科免許状とその背景について」 『日本医史学雑誌』 第49巻第3号 (2003年9月)、455〜477頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨  ||  要旨(英文)

 (67)  Wolfgang Michel: On the Background of Engelbert Kaempfer's Studies of Japanese Herbs and Drugs . 『日本医史学雑誌』 第48巻第4号(2002年12月)、692〜720頁。
*Kyushu University Institutional Repository

 (66)  Wolfgang Michel: Aufbruch in ”innere Landschaften” — Zur Rezeption westlicher Koerperkonzepte in der Medizin der Edo-Zeit. [江戸時代における西洋の身体観の受容について] MINIKOMI, No. 62 (2001/4), pp.13-24. 【招待論文】
*Kyushu University Institutional Repository

 (65)  Wolfgang Michel: Bridging the Divide — 400 Years The Netherlands-Japan. Edited by L. Blussé, W. Remmelink, and I. Smits. Leiden, 2000. Monumenta Nipponica, Volume 56, No.4 (2001), pp. 545-547.

 (64)  Wolfgang Michel: Inner Landscapes — Japans Reception of Western Conceptions of the Body. Medicine in Japan and Germany. Japan Society for the Promotion of Science / Deutsche Gesellschaft der JSPS-Stipendiaten. Bonn, 2000. 【招待論文. ISBN 3-00-0031-8】
*Kyushu University Institutional Repository  ||  Expanded and revised version (December 2011)  || 

 (63)  Wolfgang Michel: Kurz und bündig: eine Japan-Skizze aus dem Jahre 1669. [17世紀半ば頃の日本に関するオランダ人の観察] 『言語文化論究』 第12号 ( 2000年)、49〜64頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨

 (62)  Wolfgang Michel: His Story of Japan — Engelbert Kaempfer's Manuscript in a New Translation. Monumenta Nipponica, Volume 55, No.1 (2000), pp.109-120. 【招待論文】
*Kyushu University Institutional Repository

 (61)  Wolfgang Michel: Prostratio und Pickelheringsreigen —  Engelbert Kaempfers Erlebnisse im Schloss zu Edo und deren Hintergrund. [江戸城における商館長の謁見とケンペルの体験について] In: Japanische Gesellschaft für Germanistik (Hrsg.): Dokumentation Asiatische Germanistentagung in Fukuoka 1999 . Tokyo: Sanshusha, 2000, pp. 124-134.  ISBN 4-384-040-18-0 C3848
*Kyushu University Institutional Repository

 (60)  Wolfgang Michel: Neue Materialien zum medizinischen Personal der VOC-Niederlassung in Japan. [出島商館の医療スタッフに関する新しい資料]『言語文化論究』第10号(1999年)、179〜194頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨

 (59)  ヴォルフガング・ミヒェル 「ヨーロッパにMoxa(むぐさ)を紹介したバタビアの牧師ヘルマン・ブショフの生涯と著作について」 『日蘭学会会誌』第23巻第1号(1998年)、47〜63頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨(ドイツ語)

 (58)  ヴォルフガング・ミヒェル 「異文化との出会い ー 阿蘭陀カピタンの謁見について」 『洋学史研究』第15号(1998年)、1〜11頁。
*Kyushu University Institutional Repository

 (57)  Katagiri Kazuo: Gen'emon Imamura Eisei und Engelbert Kaempfer. (ヴォルフガング・ミヒェル訳) Lippische Mitteilungen aus Geschichte und Landeskunde, 66. Band 1997 (Detmold 1997), pp.57-74.

 (56)  ヴォルフガング・ミヒェル 「大英図書館蔵のケンペル資料に見る日本の病名及び病気」 『洋学史研究』第14号(1997年4月)、1〜9頁。
*Kyushu University Institutional Repository

 (55)  ヴォルフガング・ミヒェル 「エンゲルベルト・ケンペルから見た日本語」 『洋学史研究』第13号(1996年4月)、19〜54頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨(ドイツ語)

 (54)  ヴォルフガング・ミヒェル 「カスパル・シャムベルゲルとカスパル流外科(II)」『日本医史学雑誌』第42巻第4号 (1996年12月)、21〜45頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨(ドイツ語)

 (53)  ヴォルフガング・ミヒェル 「カスパル・シャムベルゲルとカスパル流外科(I)」 『日本医史学雑誌』第42第3号 (1996年9月)、41〜65頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨(ドイツ語)

 (52)  Wolfgang Michel: Hans Juriaen Hancke - ein Breslauer in Japan. [日本におけるブレスラウ市民ハンケの活動について] 『独仏文学研究』第46号(1996年6月28日)、59〜88頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨

 (51)  ヴォルフガング・ミヒェル 「出島蘭館医アンス・ユリアム・ハンコについて」 『言語文化論究』第7号(1996年)、83〜96頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨(ドイツ語)  ||  要旨

 (50)  ヴォルフガング・ミヒェル 「九州大学蔵の「阿蘭陀伝外科類方」(阿蘭陀外科正伝)と向井元升について 『比較社会文化研究科紀要』、第2号(1996年2月)、75〜79頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨(ドイツ語)

 (49)  ヴォルフガング・ミヒェル 「17世紀の平戸、出島蘭館の医療関係者について 『日本医史学雑誌』第41巻第3号 (1995年9月)、85〜102頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨(ドイツ語)

 (48)  Wolfgang Michel: Caspar Schambergers Kindheit und Jugend. [カスパル・シャムベルゲルの少年期] 『独仏文学研究』第45号(1995年)、111〜123頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨

 (47)  Wolfgang Michel: Hans Juriaen Hancko, Zacharias Wagener und Mukai Gensho —  Aspekte einer lehrreichen Begegnung im 17. Jahrhundert. [ハンス・ユリアン・ハンコ、ツァハリアス・ワーゲネル、向井元升 − 17世紀のある出会い]『比較社会文化研究科紀要』第1号(1995年)、109〜114頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨

 (46)  Wolfgang Michel: Leipziger Fehlgriffe — Zum Konflikt zwischen Badern und Barbieren im 17. Jahrhundert. [ライプチヒのある誤診 − 17世紀における「Bader」と「Barbiere」との紛争について] 『言語文化論究』第6号(1995年)、105〜110頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨(和文)

 (45)  ヴォルフガング・ミヒェル「日本におけるカスパル・シャムベルゲルの活動について」『日本医史学雑誌』第41巻第1号(1995年)、3〜28頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨(ドイツ語)

 (44)  Wolfgang Michel: Matthias Gottfried Purmann (1648-1721) und die Moxibustion. [マティアス・ゴットフリート・プーアマンと灸術] 『言語文化論究』第5号(1994年)、69〜80頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨(和文)

 (43)  Wolfgang Michel: Caspar Schambergers Aktivitaeten als Barbierchirurg in Japan. [日本におけるカスパル・シャムベルゲルによる医療活動] 『独仏文学研究』第44号(1994年)、149〜186頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨

 (42)  ヴォルフガング・ミヒェル 「ウィレム・バイレフェルトの出納簿 」 『洋学史研究』第10号(1993年)、38〜81頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨

 (41)  Wolfgang Michel: Japans Rolle in der fruehen Vermittlung der Akupunktur nach Europa. [鍼術の西洋への初期伝達における日本の役割] Deutsche Zeitschrift für Akupunktur, Vol. 36, No.2 (1993), pp.40-46.
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨(ドイツ語)  ||  要旨(英語、フランス語

 (40)  Wolfgang Michel: Johann Conrad Raetzel (1672-1754)  —  Erste Spuren eines Ostindienreisenden und Raritätensammlers. [珍物収集家ヨーハン・コンラート・レーツェルついて]『言語文化論究』第4号(1993年)、1〜14頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨(ドイツ語)

 (39)  Wolfgang Michel: Caspar Schamberger (1623-1706) — Heimkehr und Leben in Leipzig. [カスパル・シャムベルゲルの帰郷とライプチッヒでの活動]『独仏文学研究』第43号(1993年)、137〜195頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨(ドイツ語)

 (38)  Wolfgang Michel: Frühe westliche Beobachtungen zur Akupunktur und Moxibustion. [16、17世紀の西洋人による鍼灸の観察について] Sudhoffs Archiv, Vol. 77, No.2 (Stuttgart 1993), pp.194-222.
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要約(英文)  ||  要旨 (ドイツ語)

 (37)  Wolfgang Michel: Caspar Schambergers Reisen nach Edo. [カスパル・シャムベルゲルの江戸への旅]『独仏文学研究』第42号(1992年)、1〜85頁。
要旨 (ドイツ語)

 (36)  Wolfgang Michel: Geheimnisse des Orients — Ein früher westlicher Blick auf die Medizin in Ostasien. [東洋の秘密 ー 東アジアの医学に関する西洋からみた初期の記述]『言語文化論究』第3号(1992年)、25〜36頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨 (ドイツ語)

 (35)  Wolfgang Michel: Ein “Ostindianisches Sendschreiben” — Andreas Cleyers Brief an Sebastian Scheffer vom 20. Dezember 1683 [東インドからの書簡 − 1683年12月20日付のアンドレアス・クライエルよりセバスティアン・シェフェル宛の手紙].『独仏文学研究』第41号(1991年)、15〜98頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨 (ドイツ語)

 (34)  ヴォルフガング・ミヒェル「カスパル・シャムベルゲルの弔辞について」 『日本医史学雑誌』第37巻第4号(1991年12月)、143〜151頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨(ドイツ語)  ||  全文のドイツ語訳

 (33)  Wolfgang Michel: Willem ten Rhijne und die japanische Medizin (II) — Die "Mantissa Schematica" [ウィレム・テン・ライネと日本の医学 − 「図式」]、『独仏文学研究』第40号(1990年)、57〜103頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨 (ドイツ語)

 (32)  ヴォルフガング・ミヒェル「出島蘭館医カスパル・シャムベルゲルの生涯について」 『日本医史学雑誌』第36巻第3号(1990年)、201〜210頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨 (ドイツ語)

 (31)  Wolfgang Michel: Caspar Schambergers "Lebens-Lauff". [カスパル・シャムベルゲルの履歴]『言語文化論究』第1号(1990年)、41〜52頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨 (ドイツ語)

 (30)  Wolfgang Michel: Hermann Buschofs Leben und Werk. [ヘルマン・ブショフの生涯とその著作]Kairos』第28号(1990年)、135〜168頁。
要旨 (ドイツ語)

 (29)  Wolfgang Michel: Willem ten Rhijne und die japanische Medizin (I). [ウィレム・テン・ライネと日本の医学(1)] 『独仏文学研究』第39号(1989年)、75〜125頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨 (ドイツ語)

 (28)  Wolfgang Michel: Zacharias Wagner und Japan (I)  —  Die Autobiographie eines 'Donnermanns'. [ツァハリアス・ワーゲネルと日本 − ある「雷男」の自伝]『独仏文学研究』第37号(1987年)、53〜102頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨 (ドイツ語)

 (27)  Wolfgang Michel: Erkundendes Lernen im Fortgeschrittenen-Unterricht [中級、上級ドイツ語の授業における「探検的学習法」の試み]『日本独文学会教育部会会報』第34号(1987年)、14〜19頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨 (ドイツ語)

 (26)  Wolfgang Michel: Die Japanisch-Studien des Georg Meister (1653-1713). [ゲオルグ・マイステルの日本語研究について]. 『独仏文学研究』第36号(1986年)、1〜50頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨

 (25)  Wolfgang Michel: "Wataxyx gattinaka"  —  Japanisch bei Arnoldus Montanus. [ワタクシ・ガッテンナカ  −  アルノルドゥス・モンターヌスの著書における日本語について]『言語科学』第21号(1986年)、1-10頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨

 (24)  Wolfgang Michel: Ein frühes deutsch-japanisches Glossar aus dem 17. Jahrhundert [17世紀の独和単語集]Kairos』第24号(1986年)、1〜26頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨

 (23)  Wolfgang Michel: Japan in Caspar Schmalkaldens Reisebuch. [カスパル・シュマルカルデンの旅行記における日本] 『独仏文学研究』第35号(1985年)、41-84頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨 (ドイツ語)

 (22)  Wolfgang Michel: Bedingungen des 'internationalen Verstehens'. [国際理解の条件について] 『異文化間教育学会 Newsletter』第10号(1985年)、26〜30頁。
要旨 (ドイツ語)

 (21)  Wolfgang Michel / Michiya Nemoto: Zur Motivierung der Studenten — Ein Studienreiseprojekt und seine Folgen. [学生の動機付けについて] 『日本独文学会教育部会会報』第27号(1985年)、10〜17頁。
要旨 (ドイツ語)

 (20)  Wolfgang Michel: Engelbert Kaempfer und die japanische Sprache [ケンペルから見た日本語について]『独仏文学研究』第34号(1984年)、125〜150頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨 (ドイツ語)

 (19)  Wolfgang Michel: "Moxa Germanica" — Japanisches Lehngut in der deutschen Sprache. Moxa Germanica ー ドイツ語における日本からの外来語]Kairos』第22号(1984年)、81〜119頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨

 (18)  Wolfgang Michel: Engelbert Kaempfers merkwürdiger Moxa-Spiegel —  wiederholte Lektüre eines deutschen Reisewerks der Barockzeit. [エンゲルベルト・ケンペルの奇妙な「灸所鑑」 − バロック時代の旅行記の再検討]『独仏文学研究』第33号(1983年)、185〜238頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨  ||  要旨 (英文)

 (17)  Tadaharu Higuchi / Wolfgang Michel: Perspektiven der elektronischen Textverarbeitung in der japanischen Germanistik. [日本の独文独語学におけるコンピューターによるテキスト処理の可能性、展望について]『ドイツ文学』第70号(1983年)、139〜146頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨 (ドイツ語)

 (16)  Wolfgang Michel: Suchen in natürlichen Texten —  Verfahren und Hilfen zur Datenverarbeitung in Sprach- und Literaturwissenschaft. [自然言語における検索について − 語学・文学におけるデータ処理のための方法]Kairos』第20号(1982年)、161〜190頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨 (ドイツ語)

 (15)  Wolfgang Michel: Palaver — ein möglicher Ausgangspunkt zur Entwicklung fremdsprachlicher Gesprächstypologien [「ぺちゃくちゃ話し合う」 − 外国語の談話分類のための出発点] 『ドイツ文学』第66号(1981年)、109-144頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨

 (14)  Wolfgang Michel: Routineverfahren zur elektronischen Verarbeitung von Texten [コンピューターによるテキスト処理のための基礎的なプログラム]Kairos』第19号(1981年)、141〜168頁。
* Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨

 (13)  Wolfgang Michel: Transkriptionsverfahren zur maschinellen Verarbeitung deutscher und japanischer Diskurse. [ドイツ語及び日本語による談話をコンピューターで処理するための表記・入力方法]『独仏文学研究』第31号(1981年)、111〜125頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨

 (12)  ヴォルフガング・ミヒェル「諸外国に於けるドイツ語教育者養成課程の例」 [諸外国に於けるドイツ語教育者養成課程の例] 『独仏文学研究』第30号 ( 1980年7月30日)、121〜155頁。
* Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨

 (11)  Wolfgang Michel: Diskursanalyse und Fremdsprachenerwerb —  Kontaktaufnahmen und Redeeinleitungen in Diskussionen  [談話分析と外国語習得 − ディスカッションにおけるコンタクトの取り方及び発言開始について]『日本独文学会会報 』第17号 (1980年)、17〜23頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨

 (10)  Wolfgang Michel: Rezeption ohne Ästhetik —  Aspekte zum Handeln an fremdsprachlichen Texten. [美学なき受容 ー 外国語テキストを取り扱うための諸観点]。『独仏文学研究』第29号(1979年10月)、191〜221頁。
* Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨

 (09)  Wolfgang Michel: Zur Entzerrung des "Deutschlandbildes" [ドイツ像のひずみ補正] 4. Ferienseminar für Germanisten und Deutschlehrer. Protokoll No.4 (Osaka 1979), pp.67-73.
* Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨

 (08)  Wolfgang Michel: Zur Entwicklung der Lesekompetenz in Deutsch als Fremdsprache. [外国語としてのドイツ語における読解力の養成ため] Zielsprache Deutsch, No. 3 (München 1979), pp.24-40.
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨

 (07)  Wolfgang Michel: Landeskunde in und mit Texten. [テキストを通じ、またテキストによるランデスクンデ] 3. Ferienseminar für Germanisten und Deutschlehrer. Protokoll No.3 (Osaka 1978), pp.65-70.
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨

 (06)  Wolfgang Michel: Bedeutung und ÄAequivalenz im Übersetzungsprozess [翻訳のプロセスにおける意味及び等価について]。 2. Ferienseminar für Germanisten und Deutschlehrer. Protokoll No.2 (Osaka 1977), pp. 37-44.
* Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨

 (05)  Wolfgang Michel: Übersetzung, Sprachanalyse und Fremdsprachenerwerb. [翻訳、言語分析及び外国語習得]『独仏文学研究』第27号(1977年)、63〜87頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨

 (04)  Wolfgang Michel: Berührungspunkte auf der Ebene des 'signifiant' [signifiantのレベルにおける接点] 『ドイツ文学』第57号(1976年)、84〜92頁。
*Kyushu University Institutional Repository  ||  要旨

cover  (03)  Helmut Determann and Wolfgang Michel: The Correlation between molecular weight and elution behaviour in the gel chromatography of proteins. Journal of Chromatography, 25 (1966) pp. 301-313, Amsterdam.
 ||  Abstract  || 

cover  (02)  Helmut Determann and Wolfgang Michel: Neuere Entwicklung bei der dünnschicht-chromatographischen Trennung von Proteinen. Zeitschrift für analytische Chemie, Band 212, Heft 1 (1965), pp.211 -218.
 ||  Springer Link  ||  Abstract

 (01)  Helmut Determann, unter Mitarbeit von Sieglinde Eggenschwiller und Wolfgang Michel: Untersuchungen über die die Plasteinreaktion, VII, Molekulargewichtsverteilung des enzymatischen Kondensationsprodukts. Justus Liebigs Annalen der Chemie, Band 690 (1965), pp.182-188.
 ||  Abstract

 著書(単著、共著、分担執筆など)

 (64)   W inserted by FC2 system